ロバートBライシュ 最後の資本主義 7 新しい時代の倒産の形




 

新しい時代の倒産の形

 

・やり直しがきくのは破産法を自分に都合よく変えられるだけの政治的影響力を持つ大企業等。

倒産:犠牲の分かち合い

クレジットカード会社と銀行が大部分を作成。

 

1.逃げ切るCEO

・労働組合との間の契約を反故にするための倒産。

 

2.破産できない住宅ローン

住宅ローンのコストが高くなるという主張

 

3.解消できない学費ローン

 

4.富めるデトロイト、貧するデトロイト

オークランド郡とデトロイト市

郊外へ裕福な市民は逃げ出した。

 

5.犠牲は分かち合えるか

痛みを分かち合う「私たち」とはだれか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です