2-1 総論 犯罪論の体系

・犯罪とは、
構成要件に該当する、違法で有責な行為をいう。

・犯罪は行為でなければならない。
単なる思想、内心の状態は処罰の対象にならない。

・構成要件
=法律により犯罪として決められた行為の類型。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です