トマ・ピケティ 21世紀の資本 7 格差と集中~予備的な見通し~

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


格差と集中

・両世界大戦と公共政策が20世紀における格差縮小に大きな役割を果たした

労働所得の格差
所有資本とそれが生む所得の格差
相互作用

1.ヴォートランのお説教
勤勉さより遺産の方が価値のある社会

2.重要な問題~労働か遺産か~

3.労働と資本の格差

4.資本~常に労働よりも分配が不平等~

5.格差と集中の規模感

6.下流、中流、上流階級

7.階級闘争、あるいは百分位闘争?

8.労働の格差~ほどほどの格差~

9.資本の格差~極端な格差~
もっとも平等な国の富の格差ですら、賃金についてもっとも不平等な国の賃金格差よりも大きい
富の大きな部分は常に金融と事業資産が主体

10.20世紀の大きなイノベーション~世襲型の中流階級~

11.総所得の格差~2つの世界~
極端な格差が維持できるかどうかは、抑圧装置の有効性だけでなく、格差を正当化する仕組みの有効性に左右される。

高水準の格差を達成する方法
①超世襲社会
②超能力主義社会

12.総合指標の問題点
ジニ係数
0=平等
1=不平等

過度に事象を単純化しすぎている

13.公式発表を覆う慎みのベール
最上位を無視する方法論の採用は中立的ではない
故意に不平等を楽観視するような操作が加えられている

14.社会構成表と政治算術に戻る


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です