序論

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

1.方法
(1)解釈の方法
・条文にある文言が解釈論を展開する出発点になる。

・規範が文言に凝縮されて結実していった背景には、事実や思想が存在し、解釈をするにあたってそれらを無視することはできない。

・現在の人間をとりまく客観的状況、そして現在に生きる人間の主観的思考に照らして、不合理で納得できない解釈をとることもできない。

・解釈とは、本来、文言の意味を客観的に認識する作業であるが、憲法の解釈は、解釈の実践である憲法判断の予備作業となり、憲法判断そのものは価値判断に他ならない。

(2)憲法解釈のあり方
憲法が拠って立つ基本原理を堅持しつつ、現代社会に合わせて読み解く。

(3)叙述の方針

(4)解釈結果の提示方法
憲法問題には、合憲か違憲かどちらかの結論しかない。

(5)法令に対する態度

2.体系
(1)体系と日本国憲法との対応関係
(2)体系の特色

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です