ロバートBライシュ 最後の資本主義 0 はじめに




 

はじめに

経済とは将来への希望を生み出すものだった。世の中のルールは公正に機能していた。

⇔今は・・・恣意的な采配や不公正が横行

自由経済の基本理念に寄せる人々の信頼感が損なわれた。

・資本主義を脅かしているのは、現代社会の成長と安定に不可欠な「信用」の弱体化。成功の機会が公平に与えられていると信じなくなった。

→人々の自発的な協力という暗黙の社会契約によって成り立つ現代社会が瓦解。

・経済資源は徐々に生産するためのものから、既にあるものを守るためのものへと変質する。

・グローバル化と技術革新が多くの人から競争力を奪ってしまった。

解決策として、富裕層へ増税して、貧困層へ再分配、及び教育への投資。

 

1.問題は政府のサイズではなく、ルールの作られ方

政治権力が企業や金融セクターのエリートたちにより集中するようになり、経済を動かすルールにまで影響を与えるようになっている。

・中間層の弱体化→富裕層がさらに富を蓄積するために作り出した新たな市場

市場の内部で富裕層への事前分配が起きたのだが、市場の内部の出来事であったため、気づかれにくかった。

・ワーキングプアとノンワーキングリッチの両方が同時に急増している。

=報酬と努力が連動していないことを証明している。

・市場内部で未分配のまま富がトップに集中していくために、市場の外では税金や給与を通じた再分配が求められている。

・大多数の人々を拮抗勢力として再集結させるために組織化して統一すること。

・自分を利することのない市場ルールに不満を持つ者が政治不満を広げる。

 

2.資本主義を救え

資本主義を大多数の人々を利するものに変える。

社会の上層にある過剰な政治力や経済力を懸念

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です