小倉昌男 経営学 14 組織の活性化




 

組織の活性化

組織の肥大化を防ぎ、活性化の道を探る

 

1.戦後の組織論~ライン・スタッフ制~

製造及び販売の基幹部門をライン部門と規定

支援部門をスタッフ部門

これは、製造業を対象とした組織論

 

2.事業部門の流行

事業内容を1単位として考える組織論

独占禁止法緩和以降は持ち株会社にした方がスピード化を図れる

 

3.個人償却制

企業内に社員による個人企業を抱えるシステム

 

4.ピラミッド組織からフラットな組織へ

組織をフラット化すれば年功序列になる危険性が減る

企業の利益計算単位を末端の第1線に移せる

 

 

5.人事考課の制度

上司の目は頼りにならない

下からの評価と横からの評価

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です