民法790条 子の氏 家族法 親族 親子

民法790条 子の氏の変更

(子の氏)
第七百九十条  嫡出である子は、父母の氏を称する。ただし、子の出生前に父母が離婚したときは、離婚の際における父母の氏を称する。
2  嫡出でない子は、母の氏を称する

・氏とは
姓名のうち、姓を法律上の氏という。

・氏の取得とは
生まれて初めて取得する氏の生来取得または原始取得をいう。

・非嫡出子は出生により母の氏を称する(790条2項)
→退治中に父に認知されていても出生により取得する氏は母の氏!!!!
嫡出でない子は、その父が認知と同時に届出・改名手続をしないかぎり、父の氏を称することはできない!!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です