外山滋比古 思考の整理学 5 寝させる

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

寝させる

思考を生み出すのには、寝させるのが必須である。

長い間心の中であたためられていたものには不思議な力がある。
なにごともむやみと急いではならない。
人間には意思の力だけではどうにもならないことがある。
それは時間が自然のうちに、意識を超えたところで、落ち着くところへ落ち着かせてくれる。

努力をしてもできないことはある。それには、時間をかけるしか手がない。
幸運は寝て待つのが賢明である。

いずれにしても、
無意識の時間を使って考えを生み出すということに、もっと関心を抱くべきである。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です