民法783条 胎児又は死亡した子の認知 家族法 親族 親子

民法783条 胎児又は死亡した子の認知

(胎児又は死亡した子の認知)
第七百八十三条  父は、胎内に在る子でも、認知することができる。この場合においては、母の承諾を得なければならない
2  父又は母は、死亡した子でも、その直系卑属があるときに限り、認知することができる。この場合において、その直系卑属が成年者であるときは、その承諾を得なければならない。

・母の承諾を必要とするのは、母の名誉のため。
出生していたら母の承諾は必要ない。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です