小倉昌男 経営学 8 ダントツ三ヵ年計画、そして行政との闘い




 

ダントツ三ヵ年計画、そして行政との闘い

他社に先駆けて上の水準を目指す

非効率な許認可行政

民間企業は無用な規制に安易に屈してはならない。

 

1.創業五年で採算点クリア

サービスの差別化をおし進めた結果

徹底した業態化。商業貨物の大量取引を減らす。

 

2.ダントツ三ヵ年計画

他社の新規参入

・宅急便の全国網の完成

・翌日配達区域の拡大

・実現するための営業、作業の体制づくり

荷物の動きを登録管理する情報システム

 

・新ダントツ三ヵ年計画

2便制の導入、携帯端末の利用

 

・ダントツ三ヵ年計画3

数値を掲げる。

 

 

3.運輸省との闘い

利用する道路ごとに路線免許が必要とされていた。

免許申請と、同業者の持っている営業権の買収

道路運送法の恣意的な運用

 

4.モデルチェンジ、そして再び運輸省との闘い

宅急便での独自の運賃設定についての争い

そもそも運輸省に指示を出す権限はないはずである。

運輸省がトラック協会とだけ話し合い、事業者を無視している

世論を味方につける

 

 

5.過疎地の営業は赤字、のウソ

郡部へのサービスの拡大

販売促進に効果。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です