民法728条 家族法 親族 親族総則

(離婚等による姻族関係の終了)
第七百二十八条  姻族関係は、離婚によって終了する。
2  夫婦の一方が死亡した場合において、生存配偶者が姻族関係を終了させる意思を表示したときも、前項と同様とする。

・死亡により婚姻が解消しても、生存配偶者が姻族関係終了の意思表示をしない限り、姻族関係は当然には終了しない
→死亡配偶者の血族の側から姻族関係を終了させることはできない。

・氏について
離婚の場合は、当然に復氏(767条1項)
死別の場合は、復氏の意思表示があれば復氏(751条1項)

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です