トマ・ピケティ 21世紀の資本 14 累進所得税再考

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

累進所得税再考

累進所得税
累進相続税

1.累進課税の問題
政治哲学的な問題

2.累進課税~限定的だが本質的な役割~
近年の自由な資本フロー世界における税制競争の台頭により、多くの政府は資本所得を累進所得税から除外した。
税制協調を実現できていない。
→多くの国で税金は所得階層トップで逆進的になってしまっている。

資本所得は累進課税からほとんど除外されている。

累進課税は万人がグローバル化の恩恵を受けるようにするためには欠かせない。

3.20世紀における累進税制~捉えどころのない混沌の産物~

4.フランス第三共和国における累進課税
累進相続税
税率が低くても、税金は知識の源になるし、民主的透明性の力になる

5.過剰な所得に対する没収的な課税~米国の発明~
格差削減のリベラルな方法
社会正義と個人の自由との妥協
稼いでいない所得を稼いだ所得よりも重く課税したいという衝動

経済システムを民主化しない政治民主主義は本質的に不安定である

6.重役給与の爆発~課税の役割~
お手盛り
最高限界所得税率の引き下げと、トップ所得の上昇とは、生産性を刺激しなかった。

7.最高限界税率の問題再考


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です