小倉昌男 経営学 2 私の学習時代




 

私の学習時代

労働生産性の向上が経営改革に必要

経営とは自分の頭で考えること。

 

1.生産性向上

・アメリカの産業界の視察

・生産性向上の原理=労働者一人当たりの設備投資を大きくする、稼働率を高める

・トラックではなくトレーラー化(稼働率を上げるために)

・乗り継ぎ制

・運転業務と荷役業務の分離

・荷役業務の効率化

ユニット・ロード・システム、特にロールボックス=パレットシステムを採用

 

 

2.二次産業と三次産業の経営の違い

・三次産業が零細で労働時間が長いのは産業の特質によるもの。

・流通チャンネルを太く、短く、多くする

・小規模店舗の増加

→少量多頻度の商品補給のニーズ

 

 

3.物流革命の進展

物流とは=輸送、保管、荷役、包装、加工、情報

システムによる合理化

流通革命より遅れていた。

 

 

4.講演で学んだマーケティング、業態、全員経営

・流通業界では市場を基盤にして営業活動が行われる

トラック運送業においてもマーケティングを。

・業態化

コンビニエンスストアという新しい業態

業態が違えば経営の論理が違ってくる。

 

・全員経営

共同体経営=パートナーシップ経営

経営者と労働者が対等に力を出し合って企業活動をやり、その成果を両者で分配する。

従業員が自発性を高め、自己管理をしていく。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です