小倉昌男 経営学 1 宅急便前史




 

宅急便前史

経営者は過去に成功体験があるとそれにこだわり、往々にして経営の路線を誤ることがある。

←その後の環境の変化を見誤るから。

長距離輸送への参入の遅れ。

 

1.戦前は日本一のトラック会社

株式会社

スマートな制服の採用→会社の信用を高めた

関東大震災後の輸送需要の高まり

カーターパターソン社の、集荷ー輸送ー配送方式の導入

 

 

2.過去の成功が災い~長距離輸送に出遅れる~

長距離輸送にトラックが進出

←道路の改良、トラックの質の向上、鉄道輸送の不便さ

 

 

3.儲かる会社、儲からない会社

顧客集め

トラック運賃の仕組みは、原則的に長距離逓減と重量逓減

小口の荷物の方が運賃を稼げる。

小口貨物への転換

 

 

4.善い循環と悪い循環

シェアの大きい会社はますます伸びるのに対し、競争会社は同じことをやっている限り追いつくのは難しい。

・善い循環を起こす出発点

=よく働くこと。巧みな宣伝。商品の品質。

労働生産性を高めよう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です